古本市情報、教えて!

Forum » Japanese - 日本語 | Refresh | Search

Sort Options 

Complete Thread
ブッククロッサーはきっと読書好き。そして本をなるべく安くで手に入れたい。はず。
ここで古本市の開催情報などをシェアしませんか?
最近流行の「一箱古本市」に出店します、という方も宣伝に使って下さいね。
ここで手に入れた本もきっと世界に飛び出すことでしょう。

 

神戸の阪急六甲駅の近くで毎年行われる神戸学生青年センターの古本市が、2012年5月15日まで開催中です。3月に寄贈された本を文庫、コミックはall 100円で販売しています。
本の山からお気に入りの本を探すのは楽しいですよ。
私も先日、深夜特急の文庫版全6巻とのだめカンタービレの英語版コミックを全て1冊100円で購入しました!

この本の売上げはアジアから神戸の大学に来ている留学生の奨学金に使われます。

http://ksyc.jp/---/book-fair-2012/

 

日時:2012年5月19日(土) 11:00~17:00
       20日(日) 11:00~16:00
場所:まちづくり市民交流プラザ(袋町小学校横の市民交流プラザです)
 〒730-0036 広島市中区袋町6番36号
 (南棟と北棟を4階で結ぶ、渡り廊下での開催です)

広島はこういうイベントが盛んですね。
ブックスひろしまは一度行ってみたい本イベントの1つです。
ブッククロッシングも盛んなので、ワイルドリリース&キャッチにもいつか行きたい。

http://blog.livedoor.jp/okonomibonh/

 

奈良で毎月行われている「一箱ふるほん+あるふぁ市」です。
今月は2012.05.26 開催、5.24 まで出店を受け付けているそうです。
私も2回出店しました。おいしいものとコーヒーの香りがたまりません。
今月もコーヒー、出るのでしょうか?

http://tamatehako.exblog.jp/

 

日時:2012年5月27日(日)10:00~16:00
場所:京都・長岡天満宮境内・花子前広場

古本市の他に豆本製本教室、絵本ワークショップなど様々な企画が!
ちなみに私も「cross*」という屋号で出店&一日ゾーン開設やりますよ。
よければ本を持って遊びにきて下さいね。
主催者さんもbookcrossing の名前は知っていて興味を持ってくれているみたいなので、うまく紹介できればいいな。
昔と比べてスマホでその場から本の登録ができるしサイトは日本語化!以前より楽しくやれそうです!!!

http://suirenndou.exblog.jp/

 

日時:2012年5月27日(日)10:00~16:00
場所:京都・長岡天満宮境内・花子前広場

ちなみに私も「cross*」という屋号で出店&一日ゾーン開設やりますよ。


一日ゾーンと言うよりも「BC本のエクスチェンジ会」にしようと思います。
私が本を3冊選んで持って行くので、うち1〜3冊を来てもらった人に交換してもらいます。私の手元には常に3冊。人の行き来が増える度に3冊がどんどん入れ替わり、いろんな人の手に渡る仕組みです。
スマホの人はその場で登録できるので、ラベルも持って行きます。興味を持ってくれた人がすぐに遊べるといいなー。

私が持って行く本は
からくりからくさ http://www.bookcrossing.com/---/6853438/
知ることからはじめよう beyond the nuclear age http://www.bookcrossing.com/---/9929224/
とあと1冊です。

良かったら遊びにきて下さい^^

 

一箱古本市で出店するのって、本は販売の形なんですか?(すいません、全然分からないもので。。。) 販売利益を寄付して良い事に使ってもらえるのも素敵なのでしょうが、そこからもう一歩先に行き、一方通行で無くて、相互の本交換となると、グッと面白みが増えますね。たくさんの人と本に巡り会うことを応援しています。

 

一箱古本市で出店するのって、本は販売の形なんですか?

はーい、本は販売になります。
自分で本をセレクト、値札をつけた本を箱に詰めて売るんです。いわば、本のフリマです。
この収益は寄付にはしないのですが、販売する本とは別にBookcrossing の本を3冊用意します。
また状況や結果は報告しますね。企画が成功しますように!!!

 

そうそう、フリーマーケットと言うのがありましたねぇ。。。 反対派では無いのですが、本購入となるといつもの自分の読書の好みに留まりがちだと思うのです。一方の本交換だともっと気軽に読書の冒険が出来るので、随分と違う楽しいものになると思いますよ。参加出来ないのが残念ですが、海の向こうから応援してます。

 

確かに、古本市で本の冒険買いはしないですね^^
書店では埋もれて知らなかった本や、読んでみたかったけど普段手に取らない本を見つけるのが好きです。
出店する側としては自分で本のセレクトショップを作る感じ。これが楽しいんですよね。
古本市や読書会など、本が好きな人が集まる機会ができるのがうれしいです。報道では「本離れが進んでる」とか言われてますが、こういうイベントは年々増えていってるような気がします。積極的に参加して盛り上げていけたらと思っています。

「天神さんの古本市」いよいよ明日です。楽しんできます!
交換会、ツイッターでも実況したいです。お待ちしています。

 

6/3、東京都杉並区久我山の飲食店「はづき」の店内で古本市を開催します! 「ご自由におもちください」コーナーもできると思います。午前10時〜と11時〜は本の交換会もするつもりです。交換会は少人数でやろうと考えているので、事前にご連絡いただけると助かります。今回初の試みで、できればこれからも継続していきたいので、どうぞよろしくお願いします!
当日久我山ではホタルを放流する「ホタル祭り」が開催されます。ホタルのついでにでも、ぜひお越しください!

Twitter @hazuki_kugayama
hazuki.kugayama.book@gmail.com

 

「はづき」さんの交換会も楽しそうですね。
この時はフードの予定はありますか?ごはん屋さんなのでフードの販売もあると楽しそう!

関西在住なので行けませんが、応援しています!

 

立て続けに“ブッククロッシング本の交換会”の話を聞いて、一緒にワクワクしています。小さな集まりにはそれなりの良さがあると思います。本の持ち主と時間を分け合うわけですから。ブッククロッシングを通して読んだ本は、たいてい“あ、これは○○○さんのブックリング(あるいはRABCK)で読んだんだ”と、元の本の持ち主の事を思い出せます。オンライン交流でも楽しいんだもの、きっと素敵なものになりますよ。応援してます!

 

いいなぁ。私も関西在住なのでいけませんが 様子を教えて下さいm(_ _)m

 

7月に開催される【石巻ブックエイド】について、ツィッターで何度か見かけたのですが、せっかくの素敵で有意義なイベントなので、勝手に投稿お知らせさせていただきます。

イベントについて詳しく記載されたブログのリンクはこちら。
http://honokuri.exblog.jp/18460597/

【一箱古本市】 
会場: 立町復興ふれあい商店街(立町2-6-23)、かめ七(中央2-4-18)、IRORI 石巻(中央2-10-2)。 
2日間、3会場にて開催。店主さんを募集されています。特に地元石巻からの参加を期待していらっしゃいます。1日間のみの出店でもOKだそうです。

【古本バザー】 
会場: リーガルシューズ石巻店(立町2-7-10)、石巻商工会議所となり空き地(立町1-5-17)、寿町通り・パナックけいてい元店舗(中央2-4-3)。
こちらも2日間、3会場にて開催。『一箱本送り隊や各地のブックイベント団体が集めた本を、均一価格で販売します。 売上金は、一部の経費を除いて、東北の震災復興支援のために活動するグループに寄付させていただきます。』 ということです。

【お問い合わせ】
〔石巻ブックエイドについて〕 一箱本送り隊メール> honokuritai@gmail.com

*ボランティアスタッフ及びバスツアー(東京~石巻)参加者も募集していらっしゃいます。ツアーの申し込み締め切りは7月6日だそうです。
http://honokuri.exblog.jp/18461533/

**このフォーラムで、どんなジャンルの本を出店するのか情報交換するとか、プライベート・メッセージ(PM)を使って人数を集めて一緒に出店したり、いろいろ有効に情報交換できると思います。新しいブッククロッサーや本と巡り合い、そして震災復興支援をする良いチャンスになるのでは?


多くの参加者・来場者、そしてイベントの成功を応援しています!

 

一箱本送り隊の活動は私も参加していて、一度本を贈った事があります(被災地で役に立ってるかな?)。料理や手芸などの本が好まれる傾向にあります。津波で生活に根付いた本を失った方々が多いのだと思います。

石巻ブックエイドも成功してほしいです。
私はちびちゃんがいるのとツアーが関東発と言う事で私は行けませんが、ブッククロッサーで行く方がいれば応援します!

 

もう8年位前に整理ボランティアをした時から、ずっとイベントのお知らせやボランティアのお知らせを頂いています。今年もハガキが届きました。久しぶりに参加してみようかな。

chocola905さんも書いていますが、神戸学生青年センターは、アジアからの留学生・就学生への奨学金の資金集めの一環として「古本市」を開催しています。

詳細は以下の通り。

開催日程:2013年3月15日(金)~5月15日(水)午前9時~午後10時
会場:神戸学生青年センターロビー
価格:文庫/新書/児童書/漫画 100円、一般書 300円

●主催・問合せ先:(財)神戸学生青年センター
〒657-0064 神戸市灘区山田町3-1-1 TEL 078-851-2760 FAX 078-821-5878
ホームページ http://ksyc.jp/  e-mail info@ksyc.jp

なお、古本の提供も募集しています。 BCの登録本は受け取ってくれるかな?

『ジャンルは問いません。CD、DVDもOKです(コピーものは不可)。ただ、雑誌、百科事典、文学全集(個人全集はOK)は、お断りしています。
期間:2013年3月1日~31日
送り先:〒657-0064神戸市灘区山田町3-1-1 神戸学生青年センター TEL 078-851-2760FAX 078-821-5878  (ご持参いただくか、送付ください。申し訳ありませんが、送料はご負担ください。)』

本そのものが好きな人はボランティアに参加してはどうでしょう。無償ですが交通費として片道500円が支給されます。 3月7日~5月16日の間で3時間程度活動できる方はよろしくお願いします。

長文、失礼しました。

 

今日 神戸三宮へ行った時に さんちかで古本市しているのを発見。

さんちか古書大即売会 [期間 2014/1/30~2/4 10:00~19:30 (最終日18:00)]
[場所 さんちか3番街 さんちかホール] [住所 神戸市中央区三宮町1-10-1]
http://www.kcc.zaq.ne.jp/---/sokubaikai3.html

あと 大阪堂島でもあります。
第2回 本おや古本市 [期間 2014/2/8~16 12:00~20:00]
[場所 本は人生のおやつです店内] [住所 大阪市北区堂島 2-2-22 堂島永和ビルディング 206]
http://honoya.blog116.fc2.com/blog-entry-202.html

おかしい 読んでも読んでも積読増えちゃうorz

 

今年も神戸学生青年センターで行われている古本市を紹介します。今日、溜まっていた積読本を寄付してきました。面白そうな本もあったんですが、もうこれ以上、積読本を増やさないように我慢して帰ってきました。

前回から、ずっと気になっているんですが、整理ボランティアの中に中学校時代の国語の先生がいるんです。担任じゃなかったし、もう30年近く前のことなので当然覚えていないだろうから声はかけていませんが。

以下はホームページからの引用です。

2014年3月15日(土)~5月15日(木)
毎日開催 9:00~22:00 (期間中休みなし)
単行本・文庫・新書・児童書・絵本・辞書・CDなど
100~300円/冊

古本市開催のために古本をあつめます!!
① 読む人の立場になって汚れ破れのひどいものはご遠慮ください。
② お送りいただく本のジャンルは基本的に問いません
(絵本・マンガ・洋書も可)。辞書、新しい本大歓迎。
雑誌・参考書・コンピュータ解説書・文学全集・百科事典などはお断り
今年もCDをあつめます!! (ただし、VHS、TV番組を録画したもの、コピーCD・DVDはお断り)
③ 2014年3月1日から3月31日の間に送るか直接センターへご持参ください。送料はご負担ください。
④ お送りいただいた本は お返しできません。

売り上げは、今後の留学生・就学生支援活動に役立てるために六甲奨学基金の一部とさせていただきます。昨年度の売り上げは約33,000冊、4,314,482円となりました。ご協力よろしくお願いします。

《六甲奨学基金とは》
神戸学生青年センターでは阪神大震災時に被災留・就学生支援活動として全国に募金を呼びかけ、被災した留・就学生に一人3万円を支給しました。この活動をきっかけに1995年11月に六甲奨学基金が発足。基金の活動は主に毎年7名の兵庫県下の留・就学生への奨学金の支給や、留・就学生とその家族などを対象にした日本語ボランティア教室の開催です。活動はすべて基金から毎年一定額の支出と、基金に寄せられた募金でまかなっています。今回の古本市はこの募金活動の一環です。

http://ksyc.jp/---/book-recycle/

 

11月18日(火)に神戸市中央区にあるOSシネマズ ミント神戸で第3回OSスマイルマーケットが開催されます。書籍やCD・DVDのチャリティーバザーで売り上げ金は「あしなが育英会:に寄付されます。

http://www.osgroup.co.jp/---/pdf_536.pdf

あしなが育英会
http://www.ashinaga.org/

 

Are you sure you want to delete this item? It cannot be undone.