corner corner ラッシュライフ (新潮文庫)

Medium

ラッシュライフ (新潮文庫)
by 伊坂 幸太郎 | Literature & Fiction
Registered by chocola905 of Kawanishi / 川西市, Hyogo-ken Japan on 9/2/2008
Average 7 star rating by BookCrossing Members 

status (set by salvami): travelling


This book is in a Controlled Release! This book is in a Controlled Release!

3 journalers for this copy...

Journal Entry 1 by chocola905 from Kawanishi / 川西市, Hyogo-ken Japan on Tuesday, September 02, 2008

9 out of 10

もともと群像劇が好きなのでとても楽しめました。一気に読みました。 


Journal Entry 2 by chocola905 at ~~~ ♥ ~~~ A Friend ~~~ ♥ ~~~, -- By post or by hand/ in person -- USA on Thursday, October 16, 2008

This book has not been rated.

Released 8 yrs ago (10/16/2008 UTC) at ~~~ ♥ ~~~ A Friend ~~~ ♥ ~~~, -- By post or by hand/ in person -- USA

CONTROLLED RELEASE NOTES:

CONTROLLED RELEASE NOTES:

フロリダのimuzak12 さんへ送ります。 


Journal Entry 3 by imuzak12 from Virginia Beach, Virginia USA on Wednesday, November 12, 2008

This book has not been rated.

今日、郵便で受け取りました。遠いところまで送っていただき、ありがとうございます。アマゾンなどでよく目にする著者名ですが、一度も読んだことがありません。読むのが楽しみです。

フロリダ州キーウエストにて。 Journaled@Key West, Florida, USA 


Journal Entry 4 by imuzak12 from Virginia Beach, Virginia USA on Sunday, July 26, 2009

7 out of 10

群像小説っていうんですか?別にスタイルに問題は無かったのですが、登場人物達がなんとも不思議な感じがしました。なんというか…ヘンテコリン?というのが個人的な印象です。正直言って、最初の3/4はあんまり面白いとは思いませんでしたが、構成がユニークなので退屈には至りませんでいた。最後の1/4あたりのまとめになって、ようやく面白く感じました。

作品のスタイル自体は気に入りましたが、登場人物が私の興味をひくタイプではなかったようです。逆に、登場人物に魅力を感じる読者であれば、かなり楽しめる本だと思います。

salvamiさん@Ireland用にリザーヴです。「兎の眼」を読み終わり次第、一緒に送る予定です。 


Journal Entry 5 by imuzak12 at RABCK, Co. Wexford Ireland on Thursday, August 13, 2009

This book has not been rated.

Released 8 yrs ago (8/13/2009 UTC) at RABCK, Co. Wexford Ireland

CONTROLLED RELEASE NOTES:

CONTROLLED RELEASE NOTES:

Mailed from Key West, Florida, USA, to salvami in Ireland as RABCK. Enjoy! 


Journal Entry 6 by salvami from Wexford, Co. Wexford Ireland on Wednesday, August 19, 2009

This book has not been rated.

今朝届きました!ありがとうございました。
読むのが楽しみです。 


Journal Entry 7 by salvami from Wexford, Co. Wexford Ireland on Tuesday, September 01, 2009

7 out of 10

群像劇小説は劇団ひとりさんの「陰日向に咲く」以来でした(笑)
そのせいもあってか楽しんで読みました。

かなり個性的な登場人物たちがえっ?と驚く意外さでゆっくりと絡んでいくため、後半からはぐんぐんと面白さが加速していくのを感じました。個性的な登場人物たちがこれまたすごく奇妙な数日を次から次へと、転がり落ちるようなスピードで過ごしていって、こちらも置いてけぼりをくらうものか!と必死にストーリーを追うことになり…なんというか、映画を観ているような読書体験でした。

ストーリー自体はとても面白かったですが、それと同時に読んでいて強引に引っ張られていく感じもありました。恐らく私が「え~こんな人本当にいるの~?!わからないー」と無意識により身近に感じる登場人物を求めていたからだと思いますが。。。


Added on BookMooch! 


Journal Entry 8 by salvami at Southsea, Hampshire United Kingdom on Friday, October 02, 2009

This book has not been rated.

Released 7 yrs ago (10/2/2009 UTC) at Southsea, Hampshire United Kingdom

CONTROLLED RELEASE NOTES:

CONTROLLED RELEASE NOTES:

mailed to a BookMooch member in England! 


Are you sure you want to delete this item? It cannot be undone.