corner corner ファースト・センテンス(=”ほんのまくら”) ヴァーチャル・ブックボックス

Forum | << Japanese - 日本語 | Refresh | Search

corner corner

Sort Options Toggle Stats Options


Profile Image

ファースト・センテンス(=”ほんのまくら”) ヴァーチャル・ブックボックス

紀伊国屋さんの斬新かつ、ブッククロッシングの遊びに相似した“ほんのまくらフェア”が幾らかの関心を引いているようなので、同じようなことがブッククロッシングでも出来る事をまずは紹介します。

“ブッククロッシング初心者の方”のスレッドの中に、ブックリングやブックボックスの説明を含めて投稿しましたが( http://www.bookcrossing.com/---/7642322 )、今回は改めてスレッドを立てて、将来参加希望者を募れるようになったら便利かも、と思いました。具体的な進行方法も少し付け加えておきます。


1) まずは主催者(お世話係)が参加者を募る。ブッククロッシングのフォーラム利用をお勧めします。この親スレッドに返信のかたちで参加募集を投稿し、参加希望者はその投稿に対して返信します。ツィッターでフォーラムのリンクを広げる事もできますが、フォーラム投稿が一番管理しやすいです。

2) 参加者は最低1冊本を準備。ブッククロッシングではたいてい主催者がブックボックスの“元になる本(=タネ本)”を大目に(5~40冊くらい)準備します。それが難しければ、開始前に参加者にタネ本の寄付をお願いするのも手です。

3) 主催者が参加者がリストを受け取る順を決めます。順番が決まったらフォーラムにメイリング・リストを公開し、1番の人にタネ本の最初の一文(=ほんのまくら)だけ記したリストをブッククロッシングのプライベート・メッセージで送ります。このとき、決断までにかける時間(1週間とか)を前もって決めて参加者に伝達しておきます。

4) たとえば、3番の人が2冊選んで3冊入れるとします。リストの中から選ぶ2文と、自分が加える3文を主催者にメッセージで連絡します。加える本については“予約済み”に変えます。
*開始前に参加者からタネ本を寄付してもらった場合、それらはブックボックス開始後に"入れる本の数"には数えません。その辺り、参加者も主催者も気をつけて。選ぶ数が提供数を越してない事をチェックすること。

5) 主催者は3番の人に、本の持ち主の名前を折り返しメッセージします。それと同時に、本のリストをアップデイトしてください。このとき、どの文(=本)がどの参加者のものかちゃんと記録すること。

6) メッセージを受け取った3番の人は、それぞれの本の持ち主に選んだ本の文(=ほんのまくら)と自分の郵送住所をメッセージします。

7) 本の持ち主は連絡を受け取りしだい、決められた時間内(1週間とか)にリクエスト者に本を郵送し、コントロール・リリースを記録。
*不意の出来事等で郵送が遅れる場合は、リクエスト者と主催者に連絡するのが親切だし、自分の信用を傷つけません。

8) 本を受け取った3番の人は本の記録を書いて、本を受け取った事を知らせ、“積読”にします。

*参加を呼びかける時に、本の最低提供数、本リストからの選択にかけて良い最高日数、連絡から本を郵送するまでの最低期限など明確に提示すること。

*ブッククロッシング会員同士の場合は、参加者がアクティブ会員である事をチェックすることをお勧め。過去4週間内に数冊のリリースがあれば安心ですが、本の登録2冊だけでリリースが0とか、昨日参加したばかりで本棚に何も記録が無い人には、もう少し登録とリリース本を増やした後の参加をお願いするのも妥当です。

**ブッククロッシング会員同士で行う想定での説明ですが、気の知れた友達や同僚同士でも同じ事ができます。その時は、イーメイルを使ってのやりとりになるでしょう。

投稿後の編集: タネ本の扱いについて訂正しました。

Complete Thread

Profile Image
紀伊国屋さんの斬新かつ、ブッククロッシングの遊びに相似した“ほんのまくらフェア”が幾らかの関心を引いているようなので、同じようなことがブッククロッシングでも出来る事をまずは紹介します。

“ブッククロッシング初心者の方”のスレッドの中に、ブックリングやブックボックスの説明を含めて投稿しましたが( http://www.bookcrossing.com/---/7642322 )、今回は改めてスレッドを立てて、将来参加希望者を募れるようになったら便利かも、と思いました。具体的な進行方法も少し付け加えておきます。


1) まずは主催者(お世話係)が参加者を募る。ブッククロッシングのフォーラム利用をお勧めします。この親スレッドに返信のかたちで参加募集を投稿し、参加希望者はその投稿に対して返信します。ツィッターでフォーラムのリンクを広げる事もできますが、フォーラム投稿が一番管理しやすいです。

2) 参加者は最低1冊本を準備。ブッククロッシングではたいてい主催者がブックボックスの“元になる本(=タネ本)”を大目に(5~40冊くらい)準備します。それが難しければ、開始前に参加者にタネ本の寄付をお願いするのも手です。

3) 主催者が参加者がリストを受け取る順を決めます。順番が決まったらフォーラムにメイリング・リストを公開し、1番の人にタネ本の最初の一文(=ほんのまくら)だけ記したリストをブッククロッシングのプライベート・メッセージで送ります。このとき、決断までにかける時間(1週間とか)を前もって決めて参加者に伝達しておきます。

4) たとえば、3番の人が2冊選んで3冊入れるとします。リストの中から選ぶ2文と、自分が加える3文を主催者にメッセージで連絡します。加える本については“予約済み”に変えます。
*開始前に参加者からタネ本を寄付してもらった場合、それらはブックボックス開始後に"入れる本の数"には数えません。その辺り、参加者も主催者も気をつけて。選ぶ数が提供数を越してない事をチェックすること。

5) 主催者は3番の人に、本の持ち主の名前を折り返しメッセージします。それと同時に、本のリストをアップデイトしてください。このとき、どの文(=本)がどの参加者のものかちゃんと記録すること。

6) メッセージを受け取った3番の人は、それぞれの本の持ち主に選んだ本の文(=ほんのまくら)と自分の郵送住所をメッセージします。

7) 本の持ち主は連絡を受け取りしだい、決められた時間内(1週間とか)にリクエスト者に本を郵送し、コントロール・リリースを記録。
*不意の出来事等で郵送が遅れる場合は、リクエスト者と主催者に連絡するのが親切だし、自分の信用を傷つけません。

8) 本を受け取った3番の人は本の記録を書いて、本を受け取った事を知らせ、“積読”にします。

*参加を呼びかける時に、本の最低提供数、本リストからの選択にかけて良い最高日数、連絡から本を郵送するまでの最低期限など明確に提示すること。

*ブッククロッシング会員同士の場合は、参加者がアクティブ会員である事をチェックすることをお勧め。過去4週間内に数冊のリリースがあれば安心ですが、本の登録2冊だけでリリースが0とか、昨日参加したばかりで本棚に何も記録が無い人には、もう少し登録とリリース本を増やした後の参加をお願いするのも妥当です。

**ブッククロッシング会員同士で行う想定での説明ですが、気の知れた友達や同僚同士でも同じ事ができます。その時は、イーメイルを使ってのやりとりになるでしょう。

投稿後の編集: タネ本の扱いについて訂正しました。
Profile Image
親スレッドは説明として残す事にして、ここに第一弾(?)のファースト・センテンス(=ほんのまくら) ブックボックスの参加者募集を呼びかけます。興味があるかたはこの投稿に対して返信ください。

別投稿( http://www.bookcrossing.com/---/7642322 )にも書いたように、私がお世話係りをさせていただきます。私からも3冊くらい(あるいはそれ以上)提供できるようにがんばります。

参加者は日本国内からのみ受け付けます。
リストから本を選ぶのは1週間以内、郵送はリクエストをもらってから2週間を超えないようにお願いします。開催することになったら、ここに最終参加者リストを載せて、私から参加者にブッククロッシングのプライベート・メッセージを送ります。折り返し、本の最初の一文(=ほんのまくら)とそちらの郵送先住所を連絡していただくことになります。個人住所は私が責任を持って管理しますが、リクエスト本の持ち主にはあなたの住所を連絡することになります。

参加者全員が本を選んだあと、選ばれずに残った“予約済み”本は、予約取り消ししてお好きなように(リリースまたは保持)していただいて結構です。

参加希望、および質問はここに返信投稿してください。8月31日時点で参加希望者が5人以下の場合はキャンセルしますので、あしからず。。。 <==5人以下でも実行に変更しました!

投稿後の編集: 入れる本の準備は1冊からでもOK。それとは別に、タネ本用の寄付も大歓迎です!


《参加希望者》 8.27現在 
*参加希望者は、お互いの本棚を出来るだけ覘かないように!楽しみ半減になりますよ~。
1) culantro さん
2) yaroujidai さん
3) chocola905 さん  
4) zyasiminntea さん
5) ---
6) ---

*今回のヴァーチャル・ボックスのまとめルール(別サイト):
http://www.goodreads.com/---/312775?...
Profile Image
ファーストセンテンス!参加します!
こういう一か八か的な遊びは大好きです。
登録本のストックを切らしているので急いで補充します。。
みなさん、しばらくは私の本棚を覗かないでくださいね!:)
Profile Image
最高3文まで受け取れるようにルール変更しました。何文ほど覗き見したいですか?1文でOKかな?2文でもいいよ。
Profile Image
今回が初めての日本のブッククロッサー・オンリーのゲームの試みである事と、やるとなると、よりたくさんの人に楽しんで頂きたいので、少し従来の英語版ゲームからルールを変更・追加します。


1) 最初の3文までリクエストできる事に変更します。

基本的には“最初の1文”をリストにして回すゲームですが、リクエストによっては2~3文まで公開することにします。これで、参加をしてみたいけれどあんまり冒険はしたくない、すでに読んだ事のある本を間違って選びたくない、という人はリスクを減らせるのでは?ただ、3文も公開すると随分とネタばれになる部分があるので、欲しい文の数は慎重に選んでください。参加申し込み時に、最初の何文を受け取りたいのか(最低1文、最高3文)明記してください。

本をブックボックスに入れる時には必ず3文連絡して頂きますが、受け取る“最初の文”数はリクエストに従います。「我輩は猫である」をブックボックスに入れる場合は、“我輩は猫である。名前はまだ無い。どこでうまれたかとんと見当つかぬ。” の3文を私に連絡します。1文だけリクエストする参加者は“我輩は猫である。” の部分だけ載せられたリストを私から受け取ります。


2) ヴァーチャル・ブックボックス(=“ほんのまくら”リスト)を2度回します。

タネ本の品揃えにあまり満足できないままで本を選ぶのもつまらなくなるので、普通はブックボックス(=最初の1文リスト)が全参加者を1順しかしないのですが、今回に限り、2巡してから初めて終了することにします。その分、終了するまでに時間がかかることになりますが、参加者各自が早めにリストを回してくれると、早く順番が回って早めに終了、本を受け取る事ができます。

たとえば1順目で惹かれる“1文”が見つからなかった場合、取り出す本についてはパスして、ブックボックスに入れるあなたの本の“3文”をのみ連絡いただいてOKです。2巡目が回ってきた時に最終的に“1文”を選んで、私にリクエスト連絡してください。二つほど気になる“1文”が見つかった場合は、追加の本を入れる(=提供本、合計2冊)と2冊リクエストできます。

あるいは1順目であまり惹かれる“1文”が見つからなかったけれど、とりあえず“1文”選び、ブックボックスに入れる本の“最初の3文”を私に連絡します。2巡目が回ってきた時に、もっと気になる“1文”が見つかったけれど、新たに入れる本を持っていない場合、1巡目で選んだ本をボックスに戻してもらっても結構です。2巡したところで最終選択が決まり、私がそれぞれの本の持ち主にいっせいに郵送リクエストのPMを送ります。


3) 参加はしないけれど、タネ本だけ寄付したい人、大歓迎です!8月末日まで受付け。

タネ本は、一番最初の時点でブックボックスに入っている本です。参加せずにタネ本だけ寄付しても良い、という人は私までPMください。ちなみに日本国外からのタネ本寄付も受け付けます。
PMには最初の3文を記し、その後、本のステイタスを“予約済み”に変える事。参加者があなたの本を選んだ時は、私がPMで郵送先の連絡をしますので、決められた日数内に郵送をお願いします。このとき、コントロール・リリースを記録して「ファースト・センテンス・ヴァーチャル・ブックボックスでコントロール・リリース」と記します。残念にも参加者に選ばれなかった場合は、私から連絡いたします。その後で、また“リリース可”に変えてお好きなようにして頂いて結構です。

もちろん、参加者内からのゲーム開始前のタネ本寄付も大歓迎ですが、本ゲーム中でのブックボックスに入れる数には含まれませんので要注意!


以上の説明で不明瞭なところは、返信質問ください。
Profile Image

3) 参加はしないけれど、タネ本だけ寄付したい人、大歓迎です!8月末日まで受付け。


今日からファースト・センテンスのリストを回しますが、今回はリストが2巡するので、1巡目が終わるまで受け付けています。本の寄付をしたい人(=参加者からリクエストがあった場合は郵送することになります。郵送先は日本国内オンリーです。)は私までPMください。
Profile Image
この企画に参加させてください。盛り上がるといいですねえ。
Profile Image
参加希望者リストをアップデイトしました。現在希望者3人。最低もう3人ほど参加者希望者が集まれば。。。! 6人目の参加希望者が集まり次第、最終的なルールと連絡事項のリクエストをそれぞれにPMします。

追伸:
追加ルールを新しく投稿するたびに、全体のルール情報が散らかってしまい、読みにくいことも考えられるので、以下の通り、まとめルールを別サイトに記録しました。ルールの追加や変更があれば、改めてまた更新します。最終更新日を確認しておいていただくと助かります。
http://www.goodreads.com/---/312775?...
Profile Image
ちょっとバタバタしてて 見切り発車気味ですが 参加させてください。面白そうですね・・
Profile Image
ヴァーチャル・ブックボックス( Virtual Book Box = VBB)自体は、参加人数が多ければ多いほど楽しいのですが、VBBが参加者を2順することにしたので、5人以下でやってもいけるかな。。。と思い始めました。もう一つの本音は5人以上は人が集まらないような気がすること、そしてそれだからと言って止めにするのもちょっと残念というところ。そこで以下の追加・変更ルールです。

1) この度の初回につき、5人以下でもとりあえずVBBをやってみます。

2) "小さくなってく(shrinking)"ヴァーチャル・ブックボックスに変更します。
ヴァーチャル・ブックボックス(VBB)から取り出せる本は、入れた本の数+1までOKです。取り出す本の数が多いから、最終的にVBBが小さくなっていく、という仕組みです。
これは「VBBを使って未読本(TBR)を減らす。VBBは比較的信頼できるリリース方法。」というフォーラム投稿を読んで思いつきました。これで、私の本達がよいお家にもらってもらえれば、という気持ちです。この方法に抵抗がなければ(特に日本の方)、なかなかよいリリース方法だと思います。

ついては、現在の参加申込者に近々PMでご案内を送ります。1順目が終わるまでは新しい参加者を含むことができます。興味のあるかたは、ここに投稿なり、PMなり、ツィッターなり(ツィッターの場合は必ずブッククロッシングのユーザー名を明記して)で参加申し込みしてください。


*ここまでのルールのまとめ(別サイトへのリンクです)
http://www.goodreads.com/---/312775?...

Profile Image
9月がやってきたので、お約束どおりファースト・センテンス ヴァーチャル・ブックボックス(VBB)の開始です。

VBBのファースト・センテンス・リストを送る順は現在のところ、以下の通りです。
1) culantro さん
2) yaroujidai さん
3) chocola905 さん 
4) zyasiminntea さん

1巡したら、また1番の人に戻り、2巡して初めて終わります。まだ参加を受け付けているので、もしかしたら参加者が増えるかも…?!
現在までの改正ルールについては、フォーラムにもありますが、こちらにもまとめてあります。
http://www.goodreads.com/---/312775?...
疑問があれば、PMかフォーラムへの投稿でお願いします。

開始することになったので、1)参加者の郵送住所、2)受け取りたい文の数(最初の3文まで公開化です)、そして3)本を郵送する際に自分の返信住所を記したくない、代わりの住所(オフィシャル・ゾーン等)が欲しい人はその旨連絡ください。この代替住所については、まだオフィシャル・ゾーンとは連絡を取ってないので、必ずお約束ができないかもしれませんので、その点をご了承ください。連絡締め切りは9月9日を目安にお願いします。

リストの一番のculantroさんから折り返しの連絡を頂き次第、開始しますので、お楽しみに。


*以上が、参加者に送ったPM内容です。*
**以下の"ゲームの手順"は、順番が回ってきた参加者にリストと一緒にPMで送ります。**


<ゲームの手順>

1) 選んだ本と交換に入れる本の連絡は、プライベート・メッセージ(PM)を受け取ってから1週間以内に心がけてください。
2) 今回は、基本的に最初の3文まで公開化です。特定の本、あるいは全部について追加文のリクエスト可ですので、追加の文が欲しい時はPMください。
3) 選ぶ本の数は、交換に入れる本の数と同数、あるいは+1までOKです。
4) 選ぶ本が決まったら、文の先頭に付いている番号と文と合わせて連絡ください。
5) 交換に入れる本の最初の3文を連絡ください。本の著者とタイトルの連絡は不要です。
6) 今回のVBBでは、リストはもう1度回ってきます。1巡目で選びたい本が見つからなかったら、2巡目まで見合わせる事も可能。ただし、本は1巡目で最低1冊入れて(=提供)ください。1巡目で選んだ本を2巡目時に入れる本に使ってもOK。
7) 2巡目が終了した時に、郵送アレンジ連絡のPMをこちらから送ります。リクエストPMを受け取った人は2週間内に郵送できるよう心がけてください。
8) 本が届き次第、ジャーナルを書き、できればこのフォーラムへ返信投稿してどんな本を受け取ったか連絡ください。


=以上、将来の参考になるように投稿に残しておきます。=
Profile Image
9月1日からファースト・センテンス・ヴァーチャル・ブックボックス(VBB)を開始して、“ほんのまくら”リストを回し始めましたが、2週間にしてすでに1巡目が終わりました。私がVBBに参加した時の経験から推測して、割と早くリストが回るのでは・・・と予想していたのが当たりました。

1巡したところで、“ほんのまくら”リストもガラッと変わってきたので、2巡目も一層、楽しい難しい選択になるかと思います。しっかり悩んで、好きな・気になる“ほんのまくら”を選んでください。さらに、一人でも参加者が増えると尚うれしいのですが・・・。

一応、19日早朝(私の時間で18日の夕方)に2巡目のリストを回し始めようと思っています。ゲーム手順にも書いてあるように、1巡目で“選んだ本”を2巡目で“提供する本”に使っても全く問題ありません。今回につき、“ほんのまくら”リストから“選ぶ本”の数は、1巡+2巡目に“提供した本”の合計プラス1冊までOKです。
Profile Image
幹事さん、ありがとうございます。
二巡目、楽しみだー!ワクワク。
Profile Image
今回はほんのまくらVBBに参加して頂きありがとうございました!初めて主催するヴァーチャル・ブックボックス(VBB)、しかもファースト・センテンス(ほんのまくら)ゲームだったので、ちょっとドキドキでしたが、みなさんの協力のもと予想よりも遥かにスムーズに進みました。

この時点で郵送連絡がなかった本は、残念ながらVBBが終わった時点でリクエストがありませんでした。予約済みになっている場合はリリース可に変更、あるいはリリースしてもOKです。あるいは近い将来にどなたかがまたVBBを主催しても面白いかもしれないし、RABCKでリクエスト者に郵送料無料で送ってもよいし。ちなみに、お世話係り=主催者も参加する場合は、一番最後に本を選ぶ形にすればよいかと思います。

お世話係りをした私と同様、参加者みなさんが楽しい体験ができていたらうれしいです。
Profile Image
今回は“ヴァーチャル(仮想)”ブックボックスだったので、参加者がせっかく“箱”に入れて頂いた本も、リクエストが無かった場合は、再び提供者に戻ってしまう形になりました。

もしもこれが本当のブックボックス=ダンボール箱に本を詰めて実際に参加者間を郵送で回した場合は、最初に“タネ本”を用意した主催者が、最後に全部の本を受け取る形になります。一度箱に入れた本は必ず誰かの手に渡る、というわけです。

ただし、本がいっぱい詰まった箱を郵送で回すということで、郵送料や日数がかかるので、それらを節約するために“ヴァーチャル・ブックボックス”が生まれた、ということです。たくさんの本が入ったまま行方不明になって、参加者全員ががっかりするという悲劇も防げるし。特にいろんな国から参加者が集まる場合はヴァーチャル・ブックボックスが好まれるようです。将来、日本会員だけでやるなら、本当のブックボックスでも楽しいかもしれませんね。その時は、責任感があって信頼できる会員のみに参加してもらうよう、参加条件・資格などを作ったほうがよいかもしれません。
旅行中に箱がくたびれてきたり、壊れてきたりする恐れがありますので、頑丈な箱を使ったり補強したりが必要です。でないと、本全部が行方不明になる危険が。


付け足し>>>>>>>
本当のブックボックスで“ほんのまくら”ゲームをするときは、それぞれの本の表紙や中ページが見えないようにしっかり包んで、その包みの上に最初の一文(ほんのまくら)を書く事になります。今回のように、希望によっては2文余計にリクエストができるようにしたければ、本の提供者の名前もほんのまくらと一緒に記しておくと、後で余分な文のリクエストがしやすいかも。本の持ち主にほんのまくらをPMに記して、その後の2文を送ってもらう。参加者は前もって最初の3文をメモっておく必要がでてきますね。。。
Profile Image
imuzak12 さん、幹事ありがとうございました。楽しかったです。私がリクエストした本は今は手元に1冊。これから届くんだろうなー。楽しみです。またVBB 挑戦したいです。

先日1冊目が届きました。yaroujidai さん、ありがとうございます。
「皮肉なほど、穏やかに晴れ上がった朝だった。」
まっしろな窓 赤川次郎
http://www.bookcrossing.com/---/7826823/

赤川次郎さん、小中学生以来手に取りました。
今はマンション住まいなので、団地(この辺に出版された年代を感じます)が舞台のこの小説、自分の身にも起きるかも、とドキドキします。ま、起きないから小説になって楽しめると思うんですけどね(笑)
Profile Image
幹事さん、ありがとうございました!
私の方も本日発送が完了し、あとは届いた本を読むばかりです。

今回はボックスに入れた4冊がすべてリクエストされるという嬉しい結果。
なかには読みにくい本もありますが(私自身、実は最後まで読んでいなかったりして)、受け取った皆さんがどんな感想を残してくれるか楽しみです。

本当の箱を回すブックボックスもやってみたいですね:)
Profile Image
終わっちゃいましたね。皆さん改めてありがとうございました、すごく楽しい体験が出来ました。僕の2巡目で連絡が少しストップしてしまった事が唯一のミスなのかな。すいません。また、こういう企画でブッククロッサーさんが繋がっていくことがあればいいですね。

で、送って頂いた本がみんな華やかで綺麗なパッケージで包装されており、『女性らしい心遣いやなあ』と感心しました。それに比べて自分はなんて素っ気ない包装なんだと反省しました。男性特有のガサツさなのか、持って生まれた性格なのか…

本当のブックボックスを行うんだったら、日本限定ですが郵便局のレターパックプラスを使うのはどうでしょう?文庫本なら8冊くらい入ると思います。これだったら気軽に参加出来ると思います。料金が500円なので勝手に「1コイン・ブックボックス」って名付けました。

imuzak12さん、メールで教えてくれたVBBのアドバイスは今後主催される方の参考になると思うので、こちらにも書いてもらえませんか?
Profile Image
yaroujidaiさんのリクエストに応えて、参加者に送ったPMをここに投稿で残しておきますね。今回のVBBは、1) 2巡した時点で完了、2) 主催者(=私)が参加していない、という特徴がありますので、次回は関連事項をアレンジする必要があると思います。


********** 1.開始前の連絡メッセージ **********

Title: ファースト・センテンス ヴァーチャル・ブックボックス(VBB)がいよいよ開始

VBBのファースト・センテンス・リストを送る順は以下の通りです。
1) xxxxx さん
2) △x△x△ さん
3) x□x□x さん 
4) ○x○x○ さん

1巡したら、また1番の人に戻り、2巡して初めて終わります。まだ参加を受け付けているので、もしかしたら参加者が増えるかも…?!
現在までの改正ルールについては、フォーラムにもありますが、こちらにもまとめてあります。
http://www.goodreads.com/---/312775?...
疑問があれば、PMかフォーラムへの投稿でお願いします。

開始することになったので、1)参加者の郵送住所、2)受け取りたい文の数(最初の3文まで公開化です)、そして3)本を郵送する際に自分の返信住所を記したくない、代わりの住所(オフィシャル・ゾーン等)が欲しい人はその旨連絡ください。この代替住所については、まだオフィシャル・ゾーンとは連絡を取ってないので、必ずお約束ができないかもしれませんので、その点をご了承ください。連絡締め切りは○月○日を目安にお願いします。

リストの一番のxxxxxさんから折り返しの連絡を頂き次第、開始しますので、お楽しみに。


********** 2.1巡目のメッセージ **********

Title: ファースト・センテンスVBBの1巡目です!

ファースト・センテンスVBBの1巡目が回ってきました!
<ゲームの手順>
1) 選んだ本と交換に入れる本の連絡は、プライベート・メッセージ(PM)を受け取ってから1週間以内に心がけてください。
2) 今回は、基本的に最初の3文まで公開化です。特定の本、あるいは全部について追加文のリクエスト可ですので、追加の文が欲しい時はPMください。
3) 選ぶ本の数は、交換に入れる本の数と同数、あるいは+1までOKです。
4) 選ぶ本が決まったら、文の先頭に付いている番号と文と合わせて連絡ください。
5) 交換に入れる本の最初の3文を連絡ください。本の著者とタイトルの連絡は不要です。
6) 今回のVBBでは、リストはもう1度回ってきます。1巡目で選びたい本が見つからなかったら、2巡目まで見合わせる事も可能。ただし、本は1巡目で最低1冊入れてください。1巡目で選んだ本を2巡目時に入れる本に使ってもOK。
7) 2巡目が終了した時に、郵送アレンジ連絡のPMをこちらから送ります。リクエストPMを受け取った人は2週間内に郵送できるよう心がけてください。
8)  本が届き次第、ジャーナルを書き、できればこのフォーラムへ返信投稿してどんな本を受け取ったか連絡ください。

<ファースト・センテンスのリスト>
1. ぼくは痛いのはイヤである。
2. まずは始めに言っておかなくてはならない。
3. 電話が鳴ると、田崎絹子の目は、電話にではなく、まず時計の方へ向くのだった。
4. 私は自分の仕事を神聖なものにしようとしていた。
5. 鮎太と祖母りょうの二人だけの土蔵の中の生活に、冴子という十九歳の少女が突然やって来て、同居するようになったのは、鮎太が十三になった春であった。
6. 嵐とは一回キスしただけだ。
7. 地上十三メートルのジャンプ台に爪先立ちし、山下公平は軽く目を閉じ、深呼吸した。
8. 僕は多くの非難をわが身に受けることだろう。
9. 十月のその土曜日、長く続いた雨があがった。
10. 若槻慎二は、青鉛筆を持った手をしばし休めて、小さく伸びをした。
11. このあいだ字幕翻訳の戸田奈津子さんが、一番苦労するのがユーモアの翻訳だとおっしゃっていた。
12. 海鳴りが嫌いだ。
13. 寝る前に星を眺めるのが睦月の習慣で、両眼ともに一・五という視力はその習慣によるものだと、彼はかたく信じている。
14. ドアノブをつかむ。
15. 五日のあいだ彼女は、すべての時間をテレビの前で過ごした。
16. 腹を空かせて果物屋を襲う芸術家なら、まだ格好がつくだろうが、僕はモデルガンを握って、書店を見張っていた。

*追加文をリクエストするのも、本屋やインターネットでチラ見する(=ズル)のも貴方次第です(^_-)
*あなたの興味をかきたてる最初の一文がみつかりますように。。。


********** 2.2巡目のメッセージ **********

Title: ファースト・センテンスVBBの2巡目です!

ファースト・センテンスVBBの2巡目が回ってきました!しっかり悩んで、面白そうな“ほんのまくら”を選んでください。

ちなみに、1巡目で2冊選んで3冊提供してもらっているので、今回の2巡目では0冊提供でも最高2冊まで選べます。もちろん、追加で本を提供してもらっても構わないし、惹かれる“ほんのまくら”が見つからなかったら、極端な話、選ぶ本0冊でも構いません。

選択期間は1巡目と同じく1週間です。最終選択(選んだ“ほんのまくら”と提供する“ほんのまくら”)の返信を受け取り次第、私から本の持ち主に郵送リクエストを送ります。本の持ち主はリクエストを受け取ってから2週間以内に本を郵送できるように心がけてください。緊急事情があった場合などは、私まで連絡いただければ、喜んで本の選択及び郵送期間とも延長いたします。

<ファースト・センテンスのリスト>
1. お艶の頭上で、夜天を突く群竹が、旋風にごうごうと哭いている。
2. こうやって人は死んでいくんだろうな、と思った。
3. さして広くない庭園の中に、天界を模して石と低木が配置されている。
4. そこは暗く、あたたかで、たっぷり濡れていた。
5. ぼくは痛いのはイヤである。
6. まずコンパスが登場する。
7. まずは始めに言っておかなくてはならない。
8. わたしはこんな三角関係をぜったいに認めない。
9. 五日のあいだ彼女は、すべての時間をテレビの前で過ごした。
10. 僕が生まれたのには、理由がある
11. 地上十三メートルのジャンプ台に爪先立ちし、山下公平は軽く目を閉じ、深呼吸した。
12. 少年の名はサンチャゴといった。
13. 嵐とは一回キスしただけだ。
14. 水色の空に、太陽がまぶしい。
15. 海鳴りが嫌いだ。
16. 皮肉なほど、穏やかに晴れ上がった朝だった。


********** 3. 郵送お願いのメッセージ **********

Title: ファースト・センテンスVBB: 本の郵送リクエスト

ヴァーチャル・ブックボックスに入れていただいた本のうち、以下の2冊がxxxxxさんからリクエストされました。郵送先は下記の通りです。

<選ばれた本>
■ お艶の頭上で、夜天を突く群竹が、旋風にごうごうと哭いている。

<郵送先>
〒000-0000 東京都東京市東京町1-1-1  xxxxx 様

本の郵送はなるべく2週間以内に完了していただければ幸いです。リクエストされた本は、
1) まずは“予約済み”にします。(すでに予約済みになっていれば、ここはスキップ。)
2) リクエストされた本については、ブッククロッシングでやっているWrap-It-Upや紀伊国屋さんのほんのまくらセールのように本を包んで、その表紙に最初の一文を表記していただくのが一番ですが、特別な包装無しで本を送っても構いません。これは単にゲームをより楽しくする作業で、必然ではありません。
3) 郵送準備が整ったら、ブッククロッシングのサイトで本がコントロール・リリースされた事を記録して、本を“旅行中”にします。誰に送るのか特に明記してもしなくても構いません。
4) 私情で郵送が少し遅れる場合は、私まで連絡さえ頂ければ大丈夫です。
5) コントロール・リリースした本についての詳しいツィートやフォーラム投稿などは、相手が本を受け取った事が確認できた後にしてください。
追加の質問はいつでもPMで送ってください。よろしくお願いします。

Profile Image
小説、エッセイ、ノンフィクション、漫画、実用書、児童書など本にはいろんなジャンルがありますが、このブックボックスの場合はどのようにするんでしょう?

例えば主催者が「小説だけ」というようにジャンルを決めてしまうとか、ジャンルを決めないで最初の一文と一緒にジャンルをリストに載せるとか、いろいろ方法はあると思います。

何が送られるか分からないスリルがファースト・センテンスの醍醐味だと思うんですが、自分の感性と全く合わない本が送られてくるのは、本の提供者にも申し訳ない気がします。
Profile Image
英語フォーラムでは、ファースト・センテンス・ブックボックスについては、特にジャンルを絞っているのを見た記憶は無いですねぇ。やっぱり"サプライズ"を楽しむという事からだと思います。だからと言ってジャンル限定をしてはいけない訳では無いので、仲間うちでやる時は参加者の好みを反映するのも良いと思います。受け取った本にがっかりするかもしれないし、あるいは思いもしなかった本に出会うかもしれない。出来るだけ「この本を是非他の人にも」というものを用意すれば受け取り手に想いが届くと思のです。

今回のブックボックスは、主催者の独断で私が勝手にジャンルを絞らせていただきます。すいません。含まないで欲しいジャンルは以下です。

X 漫画
X 実用書、セルフ・ヘルプ、ハウツーもの (ノンフィクションはOK)
X 児童書 (小学5年生以上、中高生向けの本はOK)
X 料理本(全体の2/3以上にエッセイが含まれているものはOK。ダイエット本は実用書と同じく不可)
X 日本語以外の本 (外国語作品の和訳本はOK)
X パンフレット、雑誌、公共機関や企業による無料配布本

Profile Image
私も仲間にいれてくださーい。
よろしくお願いします(*^o^*)
Profile Image
本日、2冊受け取りました。yaroujidaiさん、ありがとうございました!

受け取った本はこちら。

「出世花」高田 郁
お艶の頭上で、夜天を突く群竹が、旋風にごうごうと哭いている。
http://www.bookcrossing.com/---/11372268/

「僕僕先生」仁木 英之
さして広くない庭園の中に、天界を模して石と低木が配置されている。
http://www.bookcrossing.com/---/11184105/

どちらも普段読まないタイプの本なので楽しみです!
Profile Image
自分の本なら「最悪、ゴミで捨てられても構わん」とリリースしています。
一方で、キャッチした本は自分で切らしちゃ駄目だと、今回のような機会でも無い限り、気軽にリリース出来ないでいます。自分の性格のせいかな?
Profile Image
本日、まくらVBB2冊受け取りました。imuzak12さん、ありがとうございました!

受け取った本はこちら。

「ガセネッタ&(と)シモネッタ」 米原万里
このあいだ字幕翻訳の戸田奈津子さんが、一番苦労するのがユーモアの翻訳だとおっしゃっていた。
http://www.bookcrossing.com/---/11339997

「アヒルと鴨のコインロッカー」 伊坂幸太郎
腹を空かせて果物屋を襲う芸術家なら、まだ格好がつくだろうが、僕はモデルガンを握って、書店を見張っていた。
http://www.bookcrossing.com/---/11203903

どちらもimuzakさんお手製の、最初の一文が書かれたブックカバーがかけられていました。
本を開くまでタイトルがわからないという仕掛け、楽しかったです。
Profile Image
chocola905さん、ありがとうございました。《錬金術師》という響きに胸がワクワクします。

パウロ・コエーリョ「アルケミスト―夢を旅した少年」
少年の名はサンチャゴといった。
http://www.bookcrossing.com/---/6759736
Profile Image
culantroさん、ありがとうございました。カバーが、紀伊國屋の「ほんのまくら」カバーでした。なるほど、こういう具合になって売られていたんですね。

小川洋子「シュガータイム」
三週間ほど前から、わたしは奇妙な日記をつけ始めた。
http://www.bookcrossing.com/---/11370411
Profile Image
zyasiminnteaさんから

石川直樹『最後の冒険家』
こうやって人は死んでいくんだろうな、と思った。
http://www.bookcrossing.com/---/11443649

そういえば「冒険家」と呼ばれる人がいなくなったなあ。今の時代じゃスポンサーを見つけることも難しいだろうし、冒険したいと思う場所が地球上に無くなったのかも。
Profile Image
imuzak12さんからのリリースです。ありがとうございました!

原田宗典『東京困惑日記』
ぼくは痛いのはイヤである。
http://www.bookcrossing.com/---/11127908

仙川環『転生』
回転扉を押して建物に足を踏み入れると、全身の毛穴が縮まった。
http://www.bookcrossing.com/---/7676784/

中島京子『小さいおうち』
まず始めに言っておかなくてはならない。
http://www.bookcrossing.com/---/9880828/
Profile Image
本が3冊届きました~!
まだ 題名は確認していないので そのまま 読んでしまってから報告にまいりますね。
うふふふふふふ・・
Profile Image
imuzak12 さんから4冊の本をキャッチしました。ありがとうございました。
エアメールで日本の本が届くというのは不思議な感覚です。

角田光代『八日目の蝉』
ドアノブをつかむ。氷を握ったように冷たい。

ラディゲ『肉体の悪魔』
僕は多くの非難をわが身に受けることだろう。

村上春樹『神の子どもたちはみな踊る』
五日のあいだ彼女は、すべての時間をテレビの前で過ごした。

貴志祐介『黒い家』
若槻慎二は、青鉛筆を持った手をしばし休めて、小さく伸びをした。
Profile Image
先日、imuzak12 さんから残りのVBB本が届きました。ありがとうございます!

十月のその土曜日、長く続いた雨が上がった。
「テロリストのパラソル」藤原 伊織
http://www.bookcrossing.com/---/11155670

地上十三メートルのジャンプ台に爪先立ちし、山下公平は軽く目を閉じ、深呼吸した。
「空中ブランコ (文春文庫)」奥田 英朗
http://www.bookcrossing.com/---/11339977

鮎太と祖母りょうの二人だけの土蔵の中の生活に、冴子という十九歳の少女が突然やって来て、同居するようになったのは、鮎太が十三になった春であった。
「あすなろ物語 (他)川の話」井上靖
http://www.bookcrossing.com/---/11340010

Are you sure you want to delete this item? It cannot be undone.